So-net無料ブログ作成
検索選択
大城ピアノのブログへようこそ。大城ピアノのホームページURLはコチラになります。 >> http://www.oshiropiano.com

ピアノと勉強能力の関連性と実現例 その2 [調律師のお仕事]

ピアノの勉強能力1.jpg

前回お話しましたピアノと勉強能力の関連性のお話の続きです。

大学に合格された塾の先生のご子息はお二人ともご両親から学問の英才教育をされたわけではありません。

逆に全く指導されなかったそうです。

塾の授業が忙しくて、とてもわが子の教育の時間が作れない状態だったのです。このことを聞いて改めて親の背中からにじみ出る力が子供にとってどれほど強い影響を与えるものなのか感動しました。

先生はよく生のコンサートにご子息を連れて行かれたそうです。

しかも学校を休ませてまでも。(とくに先生のお言葉の中で印象に残りました。)

先生が言われるのは「音楽は生の演奏でないと絶対に感動しない」と。私も全く同感です。

家庭でCDを聞くのと生で聴くのとでは感動が100倍違います。

先生がご子息の教育に一番こだわったのは学問ではなく、感動することだったのですよね!

現在ご子息は社会人となり、ご長男は弁護士、次男は国家公務員になりました。

次男の方は毎朝出勤前に必ずピアノを弾いて出かけるそうです。しかも朝食を抜いてまで必ず・・・・・そうすれば朝から頭が冴えわたるそうです。ご長男は”スクリャーピン”の研究にも没頭されておられるそうです。

ピアノと勉強能力の関連性を実現された方が間近にいらっしゃることは私にとってもとても幸運に思います。

この度は学習塾の先生のご好意でブログを書かせて頂けたことに深く感謝申し上げます。

ご拝読ありがとうございました。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

kaori oumi

ご無沙汰しています。こちらの記事にとても共感したので思わずコメントしてしまいました笑。
私も調子悪いときは意識的に楽器を弾くようにしています。脳に刺激があっていいんでしょうか、冴える気がします。
by kaori oumi (2013-03-20 15:08) 

oshiropiano

こんにちは、お久しぶりです!
ブログを読んでいただきましてありがとうございました。
確かに頭は冴えるみたいですよ。もっと多くの人が実感してくれるとうれしいです。
お暇ができましたら又工房にお越しください。
by oshiropiano (2013-03-20 20:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: